41RuXqjYDeL._SX313_BO1,204,203,200_

A Short History of America

著者:西海コエン

出版社:IBCパブリッシング

発行日:2019年1月11日

定価:1,000円+税





[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アメリカ史 (ラダーシリーズ) [ 西海コエン ]
価格:1100円(税込、送料無料) (2020/3/24時点)




ゆきは♂です。

独学で英語を勉強しています。

もともと読書が好きですが、ここ最近は少し背伸びをして、英語の本に挑戦しています。

これまでに読み終えた冊数は9冊で、今もまた新しい本を読んでいます。



というわけで、読み終えた本について簡単に感想などを書き記していこうと思います。

そして今日は『A Short History of America』の感想を書きます。



◆レビュー

本書『A Short History of America』は有名なラダーシリーズの1冊です。

このシリーズはLEVEL1~5までに分かれていて、LEVEL1が英検4級程度、2が3級程度、3が準2級、4が2級、そして5が準1級程度となっています。

そして、本書はLEVEL5です。



このシリーズの良いところは、本文に登場するほぼすべての単語の意味が巻末の「Word List」に掲載してあるところです。

『英語耳』などでは洋書を読むときは極力辞書を引かずに読むことが勧められていますが、それでもどうしても気になってしまう単語があります。

そういうときは手間をかけることなく意味を確認できるので、本当に読むのが楽でした。



そして本書の内容ですが、タイトルの通り、アメリカの歴史の概説書です。

コロンブスの「新大陸の発見」からトランプ大統領の誕生までの約500年が駆け足でまとめられます。

もちろんその中心は合衆国の歴史ということになり、高校の世界史の授業を英語で学んでいるような感じでした。



一つ気になったのは、英文そのものです。

著者がネイティブスピーカーなのかどうかわかりませんが、英文は実に生硬な感じです。

私ももちろんそれほど多くの英文に触れているわけではありませんが、本書の英語はなんというか丁寧に訳された英作文を読んでいるような印象を受けました。

Oxford Univから同じようなタイトルの本が出ているので、近々そちらにも手を出そうと考えています。